22shares
  • 電子メール
  • Twitter
  • LinkedIn

公的市場デビューのカスプでの住宅売買ユニコーンであるOpendoorは、損失が縮小したとしても、2020の上半期に前年同期比の収益が減少しました。

サンフランシスコに本社を置く同社は、米国証券規制当局への月曜日の提出によると、118百万ドルの純損失を2020年上半期の売上高で20億ドルに計上した。 これは、Opendoorの売上高が22億7000万ドル、純損失が1億5800万ドルだった昨年の同時期からの減少です。

同社は、パンデミックは、今年初めのビジネスの減速のために主に責任があると述べ、”COVID-19は当社のビジネスに悪影響を及ぼし、当社のビジネスに悪影響を”パンデミックに対応して、同社は、それが月に始まる新しい家を購入する”実質的に中止”と言い、月まで購入を再開しませんでした。

この情報は、ハイテク投資家Chamath Palihapitiyaが率いる上場特別目的取得会社(SPAC)であるSocial Capital Hedosophia Holdings Corp.IIからの新しい提出に含まれており、月中旬にOpendoorとの合併計画を発表した。 この取引では、初期評価額は約4 4に設定されます。ベンチャー資金の技術会社とSPACを含むこれまでの最大の組み合わせの一つで、Opendoorのための8億。

六歳のOpendoorは、住宅の売買プロセスを合理化し、デジタル化しようとする不動産のためのいくつかのいわゆるiBuyingプラットフォームの中で最もよく知られて 家の販売人は現金提供をオンラインで要求し、適用範囲が広いタイムラインで閉まるのにOpendoorを使用できる。 会社はそれから普通修理および改善を作り、新しいバイヤーに販売のための家をrelists。

住宅購入者は、一方で、自己ツアーや事実上の家をツアーし、プロパティに閉じるためにOpendoorのアプリを使用することができます。 現在、同社は、時間をかけてより多くのサービスを追加する計画で、タイトル保険、エスクローと住宅ローンを提供しています。

今日、Opendoorは21の米国の大都市圏で運営されています。 しかし、2020年上半期の収益の約47%は、フェニックス、ダラス、アトランタ、ローリーの上位4つの地下鉄エリアからのものでした。

同社は3月に新規買収を一時停止したが、既存住宅の在庫を売却し続け、2020年6月30日時点で2億6400万ドルの住宅在庫につながった。 月の時点でinventory1.31億の在庫と比較して。 31, 2019.

パンデミックが2020年にこれまでのところ収入を減少させているが、同社は今後、”COVID-19は、人々が自宅で仕事をし、人口の少ない地域を探索し、より多くのスペースを追求するにつれて、当社のデジタルサービスの採用を加速させ、住宅のための追加の追い風を作り出したと考えている。「

2019年のすべてで、Opendoorの売上高は47億4000万ドル、純損失は3億3900万ドルで、2020年に契約する前の2019年の間に売上高(および損失)が増加したことを示しています。

同社はiBuying分野でトップ資金を提供しており、General Atlantic、Norwest Venture Partners、Softbank Vision Fundなどの投資家から少なくとも15億ドルのベンチャー資金を調達している。

Crunchbase Dailyでは、最近の資金調達ラウンド、買収などを最新の状態に保ちます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。