Coifの順序

法律における法人化されていない全国学力名誉協会。 その目的は、法律の奨学金の卓越性を促進し、ロースクールで高い成績を達成した人や法律の教えで自分自身を区別している人を認識することです。 全国の法律学校には60以上の章があります。

名誉協会は、コモン-ローの最も古く、最も名誉ある機関の一つであるCoifの英語秩序にちなんで命名されています。 Coifは、耳を覆い、赤ちゃんのボンネットのように、顎の下に紐で結ばれた白いリネンのぴったりのキャップでした。 それは男性のためのヘッドカバーとして十二世紀に始まり、十六世紀まで続く、教会と法的なヘッドギアの一部となりました。 長い間、英語の裁判官は注文からのみ選択されました。

Coif名誉協会の勲章は、1912年に国家組織として結成されました。 憲法は、会員への選挙のための要件とロースクールでの章の作成のための基準を設定します。 秩序は、各章に与えられたローカル事項の権限を持つ連合組織です。 各支部には役員がおり、全国組織には役員3人と他のメンバー3人で構成される執行委員会があります。 役員は3年ごとに選出される。

高齢者を卒業している法律の学生は、採点されたコースで法律研究の75%を完了し、その成績が支部の学校のすべての卒業生の上位10%にランク付けされている場合、Coifの勲章に選出される資格があります。 章はまた、章は、教授が秩序の目的と一致した奨学金の資質を示していると考えている場合は、ロースクールの教員のメンバーを選出することができます。

章は、毎年、その奨学金で認められた法曹の一人のメンバーを名誉会員に選出することができます。 全国執行委員会は、3年ごとに、法制度への貢献のために国家の区別を達成した5人までの名誉会員を選出することができます。

さらに、3年ごとにCoifの勲章は、出版された法的著作物の著者または著者に1つ以上の賞を授与することによって、法的奨学金を認めています。 全国執行委員会はまた、法律の学生、法律教授、裁判官、実務家の間で卓越した法的奨学金とリーダーシップを認識する目的のために他の賞を設立する権限

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。