x線軌道レントゲン撮影は、単純X線またはCTイメージングかどうかにかかわらず、高速粒子への曝露歴および疑われるまたは臨床的に目に見えるIOFBを有する眼科患者に対して一般的に行われる。 これらの症例における単純軌道X線の感度は、過去に調査の対象となっており、以前の報告では、70-90%の症例で単純x線撮影によって放射線不透過性異物が検出されていることが示されている。注2、4、IOFBを検出するための単純なX線の失敗は、よく認識されている現象であり、Iofbの可変サイズ、組成、および位置を反映しています。5, 6, 7

興味深いことに、この研究で行われた単純な軌道X線の87%は、BrayとGriffithによる以前の報告と一致する0(0%)の収率で、臨床的に明らかな眼の浸透がない場合に行2の27(13%)高速粒子への暴露後の臨床的に明らかな眼の浸透を持つ患者で実行される単純なX線軌道x線写真、19(70%)臨床的に目に見えるIOFBを示した。 したがって,これらの症例では,臨床所見は単純X線眼窩x線撮影によって単純に確認され,このようなイメージングによるこれらの症例の管理への貢献は,そのドキュメンタリー値と複数のIofbを排除する能力にかかっている。 さらに、高速粒子への暴露後に臨床的に確認された眼の浸透の八例では、臨床的に目に見えるIOFBの不在下で、単純なX線眼窩x線撮影は、七(87%)のケースでIOFBの

以前の報告では、Ctの軌道イメージングは、IOFBsの検出と局在化のために軌道単純X線軌道ラジオグラフィーよりも優れていることが示されていますが、CT8、9、10単純なX線眼窩ラジオグラフィーとは対照的に、我々の研究における眼窩CTスキャンの大部分(12;57%)は、臨床的に明らかな眼の浸透を有する患者に行 しかし、これらの症例の42%は、臨床的に目に見えるIOFBと軌道の単純なX線上のIOFBの放射線学的確認を持っていました。 これらの症例では,単純X線軌道x線写真では複数の異物が明らかではなく,IOFBの局在が臨床的に達成されたことを考えると,この設定でのCT画像の値は疑問である。

単純なX線眼窩x線撮影と同様に、CT所見は臨床所見とよく相関しており、IOFBが臨床的に可視であるかどうかにかかわらず、臨床的に明らかな眼の浸透を有する高速粒子に曝された眼に対して行われたすべてのCT眼窩画像はIOFBの放射線学的証拠を提供したが、高速粒子に曝された後に臨床的に明らかな眼の浸透がない場合に行われたCTスキャンはIOFBの放射線学的証拠を示さなかった。

MBUR RCRガイドラインでは、CTイメージングは、先行する単純X線眼窩x線写真が強く疑われる異物を示さない場合、金属ではない可能性がある場合、複数の異物が存在する場合、またはすでに示されている異物が眼内であるかどうかが確実でない場合にのみ行うべきであると規定されている。1私たちの経験は、眼の浸透の臨床的証拠があるが、IOFBが臨床的に目に見えない場合、前の単純なX線眼窩x線写真の結果に関係なく、CTイメージングが必 これは2つの理由でそうです。 最初に、CT画像は、軌道単純X線で検出されなかった可能性のあるIOFBを識別するでしょう。 第二に,IOFBを単純X線軌道x線写真上に示すとき,その正確な局在化のためにはC tイメージングが必要である。

CT撮影前の単純なX線軌道x線撮影は、厚さ3mmまたは6mmのCT切片を撮影するかどうかを放射線科医へのガイドとして機能すると主張する 3mmスキャンよりも少ない放射線量に関連する六ミリメートルスキャンは、単純なX線軌道ラジオグラフィー上に見えるIOFBを検出し、局在化するのに十分である。8最新のCTスキャナー(MULTIDETECTOR CT scanning(MCT))は、従来のスキャンよりもはるかに薄いスキャン(1mmほど薄い)を得ることができるため、このような対策の必要性を排除しています。11、12CT前の単純なX線眼窩x線撮影を手配し、そのような画像をレビューすることの物流負担は、特に放射線サービスから離れている可能性のある眼専用

逆に、金属製のIOFBが臨床的に見える場合、その後のCT眼窩画像を伴わない単純なX線眼窩x線撮影は、複数のIofbが存在しないことを保証するのに役立つ しかしながら、複数のIofbを除外する信頼性の高い履歴が存在する場合、そのような画像化の価値は疑問である。

結論として、眼の浸透の可能性に向けられた特に注意を払った徹底的な眼科検査、およびgonioscopy(適切な場合)および詳細な拡張fundoscopyを含むことは、高速粒子に曝された眼科患者の管理の主力である。 このシリーズの結果は、眼の浸透の臨床的証拠のない患者は、いかなる種類の眼窩画像化を受ける必要がないという他の著者の結論を確認する2。 しかし、このような勧告は、眼の浸透(例えば、結膜下出血)の臨床的証拠が解決されていない最近の過去に高速粒子に曝された患者にのみ適用される。 金属製のIOFBが臨床的に見える場合、手術に進む前に、複数のIofbが存在しないことを確認するために、その後のCT眼窩画像を伴わない単純なX線眼窩x線撮影が必要になることがあります(図1)。 眼窩の単純X線がその後のCT撮影で検出されなかったIOFBを検出しなかったこと、および臨床的に明らかな眼の浸透があるがIOFBが臨床的に見えないCT撮影に進むことに関する意思決定プロセスに寄与しないことを考えると、RCRによる標準的な画像ガイドラインは、CT撮影の前に単純X線軌道x線撮影がなければならないという規定に関して修正される必要があるように思われる。最後に、非放射線不透過性IOFBが依然として陰性CT画像化後に強く疑われる場合、眼超音波または磁気共鳴画像化のような他の画像化様式を考慮す4, 13, 14

フィギュア1
図1

眼内異物(IOFB)の症例および疑われる症例における提案されたX線(単純X線および/またはC tイメージング)眼窩x線撮影経路の流れ図。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。