OpenBSDのインストール

ブート可能なUSBスティックの作成方法や仮想マシンの設定方法については説明しません。 OpenBSDを使用する予定の場合は、すでに知っている必要があります。 始めましょう!

  1. ブートローダ画面で、bootと入力するか、enterキーを押します。

2. いくつかのオプションを含むようこそ画面が表示されます。 Iと入力し、enterキーを押します。

3. 基本設定:

キーボードレイアウト、ホスト名、ネットワークインターフェイス、IPアドレス、DNSドメイン名、およびrootパスワードを設定します。 また、デフォルトでsshdを有効にするかどうか、およびX Window Systemを使用する予定があるかどうかも尋ねられます。 私はデフォルトのオプションを選択します。

4. インストール時にディスクレイアウトを作成するように求められたら、次のように入力します。 それを一時停止する。

オプション:次のコマンドを入力して、ディスクをクリーニングします:

# dd if=/dev/urandom of=/dev/wd0c bs=10m

ディスクのサイズによっては、この処理に時間がかかることがあります。

5. MBRの書き込みとRAIDスライスのセットアップ:

# fdisk -iy wd0# disklabel -E wd0
wd0> a
partition: # Hit enter
offset: # Hit enter
size: # Hit enter
FS type: RAID
wd0*> w
wd0> q

6. 暗号化されたスライスを設定し、シェルを終了します:

# bioctl -c C -l /dev/wd0a softraid0
New passphrase: # exit

7. CTRL+Cキーを押し、installと入力してインストールを続行します。

これにより、インストーラは新しい暗号化されたボリュームを認識できます。 ほとんどのオプションはすでに設定されています。 インストールがディスクの入力を求められたら、暗号化されたボリューム(私の場合はsd0)を使用します。 ディスク全体を使用するには、enterキーを押します。

8. ディスクレイアウトを設定します。

セキュリティ上の理由から、自動レイアウトオプションを使用することをお勧めします。

カスタムレイアウト(同じパーティション上のすべてのディレクトリなど)を使用する場合は、cと入力します。:

sd0> a b
offset: # Hit enter
size: 8G
FS type: # Hit enter
sd0*> a
partition:
offset: # Hit enter
size: # Hit enter
FS type: # Hit enter
mount point: /
sd0*> w
sd0> q

9. 次にデフォルトのオプションを選択するだけです。

インストーラがSHA256署名を見つけることができず、イメージがどのような方法でも変更されていないことが確実な場合は、yesと入力します。

10. コンピュータを再起動します。 パスワードの入力を求められます。

おめでとうございます! この時点で、完全に機能するOpenBSDインストールが必要です。 Rootとしてログインし、adduserコマンドでユーザーアカウントを作成することを忘れないでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。