キャリア占星術:四番目の家の月:Bhriguは、四番目の家の月が支配力と豊かさを与えるかもしれないと言 がんの満月や月は間違いなくこれらの結果を与える可能性があります。 マレフィックと一緒に月を衰退良い結果を弱めることができます。 第4代藩主が自身の高貴な印にまたあれば原住民は非常に繁栄し、車に恵まれているかもしれない。 彼らの第四の家に月を持つ人は、彼らに落ち着きと心の不安定性を与える内部から敏感で繊細であると考えられています。

4th house
で月の最高のチャンスを作る月は天体の恒星の影響を受けており、多くの惑星にとって柔らかく壊れやすいという大きな存在があります。 月の占星術科学の予測を使用すると、ネイティブのためにこの惑星の配置を監視するのに最適な時間があります。 月は非常に強い自分の家に到着するので、個人の精神的な落ち着きはそれから大きく影響される可能性があります。

4th houseの月を持つ個々のネイティブは、特に家族の価値観、規範、原始的な家、遺産のように始まって以来所有している持ち物に深い愛着を持つコアで非常に敏感になります。 4th houseの月を持つ人々は、西洋化の一部ではないだけでなく、変化の少ない数で維持するために最善を尽くします。 これは、骨董品や系譜に向かって静かになるように誘導するか、またはそれらを作ります。

4th houseの月を持つ個人は、同じ問題にあるため、精神状態からの落ち着きのなさと不安定さのすべてに直面している間、内部から脆弱で繊細になるように設定されます。 大規模な巨大な焦りは、場所の頻繁な変更に向かってそれらを取ります。 彼らは、母親、夫、家族から人生を通して精神的な安全を持つことを好むでしょう。

彼らは第4の家に月を持っているので、月のこの配置に属するネイティブの人々は本当に人生へのアプローチに応じて静かになり、自分たちの生活の中でコアからの子供のままになります。 第4家の月のこの配置の下の人々は政府からの報酬が再度偽りなく可能であるので専門および社会的なエンクロージャへの点そして名誉を達成している間心で寛大で、親切で柔らかいと信じられる。

ネイティブの個人は、木星が6th bhavaに配置され、4th houseに月が置かれている間に、彼または彼女は親のビジネスに最適であると考えられています。 これとは別に、4th houseの月への4つの惑星の組織は、個人を金融面で非常に強くします。 これらの人々は、コヤを作るために牛乳を販売したり、牛乳を燃やしたりすることに加えて、水の代わりに牛乳をゲストに提供することは、原住民に悪影響を与えるだろう。
4th houseのMoonを持つ原住民は、姦通を控え、奉仕を払い、母親への敬意を含めて、心から祝福を求める必要があります。 ネイティブは、縁起の良い仕事の任意の良い基礎の開始前に自宅で牛乳で満たされた投手や容器や他の容器を配置する必要があります。 10代の頃にはジュピターとの抗争を防ごうとしていたが、ネイティヴは祖父を巡礼者に連れて行ったり、彼と一緒に礼拝をしたりすることを手伝っていた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。